なぜデング熱の媒介蚊が日本の代々木公園にいるのか?

代々木公園付近を訪れたことのある方が大変な病気になり話題を呼んでいます。

なぜデング熱がここまで騒がれるのでしょうか?

 

なぜ70年ぶりにデング熱感染者が現れたのか

蚊
引用元:ヘルラボ

 デング熱自体は世界中で発症していますが、国内感染は70年ぶりです。

過去70年間も見られなかったデング熱の感染理由を考えてみました。

 

デング熱ウィルスがどうして日本に入ってきたのか

デング熱は人から人への感染はなく、蚊の媒介により感染します。

また、今回デング熱に感染した人たちの全てが「1型」と言われる種類に感染しています。

そしてこの「1型」は東南アジアに多く見られるタイプのデング熱です。

以上の理由から代々木公園を訪れた外国人の中にデング熱感染者がいて、蚊を媒介して広がったと考えられます。

 

なぜデング熱を媒介する蚊が国内にいるのか

デング熱ウイルスを媒介する蚊はヒトスジシマカとネッタイシマカの2種類で、ヒトスジシマカは国内に生息します。

あまり媒介能力が高いと言われていないようですが、デング熱ウィルスを媒介する力はあります。

問題は、国内に生息していないとされるネッタイシマカです。

日本に現れた可能性もあるのではないでしょうか?

このネッタイシマカは熱帯地方に多く生息する蚊ですが外国からの輸入物と一緒に運ばれてくる可能性もあり、温暖化が進み平均気温が上昇している日本で生息できた可能性も十分考えられます。

ネッタイシマカはデング熱ウィルス媒介力に長けている分、この蚊が国内に増えることの方が心配です。

 

 

益々増える外国人観光客 今回のデング熱報道から学ぶことは

代々木公園
引用元:スポーツ報知

今回のデング熱報道が、どうしてここまで騒がれているのでしょうか。

デング熱を治すワクチンはありません。

この病気の感染者が増加すれば、多くの死亡者を出す危険性を秘めています。

感染したからといって必ずしも命に関ることはありませんが、最悪のケースでは死に至ることもあります。

70年に渡り日本に見られなかった今回のデング熱感染を期に、私達も学ぶことがあるはずです。

2020年の東京オリンピック開催をピークに、益々外国人観光客が日本を訪れることになります。

そうした近い将来を考えて今回のデング熱で学ばなければ行けないことは、外国から持ち込まれる感染病への対策です。

地球規模で起こる病気を他国のことではなく自国のこととして考え、ワクチンの開発と速やかな治療体制を作ることが急務です。

またデング熱に対する知識も、一人ひとりが知っておくことも大切です。

参考資料>>デング熱に関するQ&A|厚生労働省

 

 

秋には蚊も収まり感染が広がる可能性は極めて薄いということですから、まずは一安心と言いたいところです。

しかし安心してばかりもいられません。

今後はデング熱に限らず、数多くの病原体が国内に入ってくることが予想されます。

政府の対策も急務ですが、一人ひとりの日頃の健康管理や病気に対する予防知識を持つことも大切です。

また面倒かもしれませんが、虫除けスプレーを常備する習慣もこれからは必要と考えた方が無難と言えます。

私たちの生活は便利になりましたが、人間が開発した産業により地球の温暖化が進み、この夏も多くの天災に見舞われました。

また移動手段の向上は世界各国との貿易や文化交流を育みましたが、今回のデング熱のように他国で起こっていたことが日本でも起こるようにもなりました。

人は文化の交流や利便性の向上など、良いニュースに目が行きやすいものです。

しかし平衡して、デング熱のような危険をはらむ出来事も起こる可能性もあります。

今回のデング熱報道は、こうした用心深さも必要と考えさせられるニュースです。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ