なぜDHC会長はあのタイミングで暴露したのか?

みんなの党、渡辺喜美 前代表がDHCの吉田嘉明会長から8億円を借りていた問題が世間で騒がれています。

いろいろなうわさが飛び交っていますが、DHC吉田会長はいったいなぜあのタイミングで暴露したのでしょうか?

今回はこの問題について考察してみました。

DNC会長暴露タイミング
画像引用:何か気になっちゃった話題トレンドニュース

 

DHC会長は規制緩和を狙っていた

DHC会長は規制緩和を狙っていました。化粧品などは厚労省の縛りがキツイためです。

そのために、DHC会長はみんなの党結成前から改革派の渡辺喜美氏とコンタクトを取り、援助をしていました。金額だけを見るととんでもない額ですし、不正の臭いがプンプンします。

しかしこの問題の場合、重要なのは日本を改革するのにそれだけのお金がかかると見るべきだということです。いえ、それ以上かかるとみて間違いありません。

実際、日本の既得権益を倒して脱官僚を達成するのに8億円程度では到底不可能な話だと思います。

この場合は『不正』にフォーカスしすぎると本質が見えなくなるので注意が必要です。

 

『会長は単に怒っていただけ』なのかもしれない

会長は規制緩和を狙っていました。そして渡辺喜美氏に『改革』のためのお金を貸しました。

実際、これを『企業が銀行からお金を借りること』に置き換えてみると、当然の流れのように見えてきます。

借りたお金で『会長の利益になること』を渡辺喜美氏がしなければならなかった。

この場合は、改革です。

みんなの党の流れを見ますと、渡辺喜美氏がお金を借りてから改革を進めることができない状態になってしまいました。

実際、みんなの党は分裂してから『改革』とは程遠い存在になってしまいました。

『改革もできない』『お金も返済できない』これでは会長が怒っても無理はない状況だと思います。

 

問題は『不正』ではなく『システム』にある

今回、渡辺喜美氏は外部機関の調査などにより、公正な場で身の潔白を証明するべきだと思います。

猪瀬氏の時もそうですが、『不正』にフォーカスされがちです。

しかし『不正』と認定するシステム自体が『問題』なので、騒ぐことの意味はそれほどないと思います。

 

いかがでしょうか?政治資金の問題は色々あります。

しかし問題の本質はどこにあるのでしょうか?

『悪い政治家が国民の血税で購入したマンション』にあるのでしょうか?

それとも、『日本で民主主義システムが機能していない』ことでしょうか?

極端な話をするなら、今のマスコミやほとんどの国民は『民主主義システムが機能していない』ことよりも『悪い政治家の不正』の方にフォーカスしすぎています。

これは、『日本のメディアの公正性の問題』や『日本の文化の問題』が原因です。

これらについてはまた別の議題なので今回は置いときます。

それよりも、今、日本に『改革派』が一切消えてしまったことが最大の問題なんだと思います。

『日本維新の会』と『みんなの党』。

これら自民党に対抗する『改革派』が見事に勢力を失い、完全な自民党の独走体制に入ってしまいました。

これは、非常に危険な状態に入ったと認識しなければいけません。

靖国問題でもそうですが、現政権はこれからの成長市場、中国を中心としたアジアに強気な姿勢をとっています。

たしかに中国や韓国は日本に対して敵対的です。

しかし、アジア圏で手を取り合わなくては、日本の成長も改革も、これからは難しいのだと思います。

 

私達が『不正』と呼ばれるモノに気を取られている間に、どうも日本は変な方向に傾いてしまっているようです。

DHC会長の暴露は、渡辺喜美氏がこれ以上改革を推進できないという白旗宣言のタイミングだったのかもしれません。

しかし同時に、国民が今の日本の問題を真剣に考える抜群のタイミングでもあったのかもしれません。

みなさんは、何が本当に重要な問題だと思いますか?


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ