なぜ鉄フライパンは油返しが必要なのか?

飲食店の調理場では、必ずと言ってよいほど鉄製のフライパンを使っています。

何かと手間を要する鉄フライパンをどうして使っているのか、不思議に思いませんか?

その鉄フライパンを使う上で、必ず必要とされるのが油返しです。

どうして鉄フライパンには、油返しが必要なのでしょうか?

 

鉄製フライパンに油返しが必要な理由

鉄フライパン油返し
引用元:日々是遊戯、鶏肉三昧也

  •  油ならしを行うことで、フライパンに油が馴染み、フライパン表面に油の膜が作られます。これによりこげつきにくく、サビつきにくいフライパンになります。
  • こげつきにくくするために、使いはじめの1ヶ月間程は最初に「油返し」を行いましょう。

引用元:金属製品の総合メーカー 双葉工業株式会社

このサイトが、一番分かりやすく説明されていました。

鉄フライパンに油返しが必要な理由は、焦げ付きやさびの防止の為でした。

 

鉄製フライパンのメリット

飲食店に限らず、料理が好きな方は鉄フライパンを使う人は多いです。

そこで、鉄フライパンのメリットも考えてみました。

鉄製のフライパンは、使い込んでいくうちに自然と黒くなっていきます。これは油がフライパンに馴染んだ証拠。こげつきにくく料理もし易くなります。

鉄製のフライパンは、使い込めば使い込むほど味が出る。

飲食店のフライパンが黒ずんでいても輝きを放っているのは、油が馴染んでいるからでした。

また、こんな記事も見つけました。

使い込むほど”旨く”なる「鉄のフライパン」が凄いワケ – NAVER まとめ

フライパンへの火の通りが良く、おいしい料理を作るに欠かせないのが鉄フライパンです。

野菜炒めやチャーハンなどの炒めものがおいしくなるかどうかは、調理時のフライパンの温度にかかっています。

一気に熱し、一気に炒め上げることで野菜はジューシーに、チャーハンはパラパラに仕上がります。

また、鉄製のフライパンの良さはキズに強いこともあげられます。

フライパンを長く使う上で、傷がつかないことはありません。

油返しはあくまでも焦げ付きにくくする為です。

焦げなどの汚れを落とす時は、どうしても力が入りフライパンに傷をつけてしまいがちです。

そんな時は鉄フライパンの良さが分かりますね。

 

他のフライパン

フライパンを使うのは、飲食店の方や料理好きな方ばかりではありません。

そんな方は油返しなどの手間のかかるフライパンよりも、もっと手軽な物を求めるはずです。

 

シルバーストーン製

多くの家庭に普及しているシルバーストーン製のフライパン。

焦げ付きにくいですし、油返しも必要ありません。

この商品が出た時、画期的と思われた方も多いと思います。

シルバーストーン
引用元:七輪な生活

しかし、写真を見てお分かり頂ける通り、シルバーストーン製のフライパンはキズに弱い点が挙げられます。

力を入れて洗った結果、少しだけついた傷の部分は焦げ付きやすくなります。

その焦げを落とす為に、また力を入れて洗うことでキズが広がり悪循環を生みます。

 

ブルーストーン製

最近、テレビショッピングで見かけるようになった新しいフライパンです。

シルバーストーン製のフライパンが登場した時も、似たようなことをしていました。

ブルーストーン製のフライパンはちょっと違うようです。

油を気にする方にとっては、油を使わない調理は魅力的です。

料理に油が必要になる理由の一つに、フライパンの焦げ付きが挙げられます。

ブルーストーンのメリットは、油を使わずに料理ができる健康的な点といえます。

またおしゃれな色をしているので、調理したままお皿としてテーブルに出せます。

料理が冷えず、お皿への盛り付けの手間も省け新しい時代のフライパンといえます。

 

フライパンに限らず、調理に関る選択肢は色々とあります。

コンロも最近では、IHが家庭の主流になりました。

IH対応型のシルバーストーン製フライパンを使うご家庭も多いです。

しかし飲食店や料理が好きな方は、ガスコンロと鉄フライパンを使っています。

使い込むほど良さが出る鉄フライパン、料理に興味がある方は購入して油返しをしてみてはいかがですか?


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ