なぜ様々な色の見え方があるのか?

世の中にあるものは様々な色の見え方をします。
例えば、リンゴは赤色、みかんは黄色、葉っぱは緑色など。
人間は何かものを見る時に、目の奥にある視神経に光が到達してそれを脳に伝えることで「見える」と認識します。
光が何かに反射して目に入り、視神経を通じて脳に伝わり、脳が処理をして視覚という認識を得ます。

つまり、人間は光が無いと何も見ることができないのです。
さて、この光というのは物理学的には波の性質を持つことが一般的に知られています。
人間が見ることのできる光のことを可視光線と呼び、波の長さ(波長)の違いによって色を識別しています。
そして全ての波長の光が合わさると、人間は白色として認識することが知られています。

さて、いろんなものが様々な色で見えるということは、そうした光のうちの特定の波長の光が目にやってくることで色として認識します。
太陽光は全ての波長の光を含んでおり、そのままだと人間は白色として認識します。
この光が例えばリンゴの表面にぶつかった時、リンゴの表面が黄色や緑色、青色といった波長の光を吸収します。そして残った赤の波長の光が反射し人の目に届くことによってリンゴは赤色だという風に認識されます。

このように、元々は全ての波長の光だったものを、物質表面で光を吸収して、残った波長の光を反射することで人は様々な色として観測するのです。

物が様々な色の見え方をするのは、それぞれの物質表面で吸収する波長の光が異なるからなのです。
このように、人の目に映る様々な色というのは、物質の表面で吸収されなかった残り物の光を観測することであんなにも色鮮やかな姿を認識しているのです。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ