犬笛の音はなぜ人間には聴こえないのか?

犬笛というものをご存知でしょうか?

形は普通の笛と同じ形をしているのですが、その音は人間には聴こえず、犬や猫などの動物には聞こえるという不思議な笛です。

犬や猫の訓練などで使用されたりする特殊な笛なのですが、なぜ人間には聴こえず犬や猫には聞こえるのでしょうか?

 

実は人間と動物とでは聞き取れる音の高さが異なります。

音というのは空気を振動して伝わり、耳の中にある蝸牛という器官がそれをキャッチし音として認識します。

この空気の振動の早さのことを周波数と呼び、周波数の違いによって音の高低を聞き分けています。

人間が聞き取れる音の高さのことを可聴域といいます。

人によって多少ばらつきはあるのですが、一般的に人間は20000Hz(一秒間に2万回の振動)の音までしか聞き取ることができません。

一方、犬の可聴域は60000Hz、猫の可聴域は64000Hzと言われています。

つまり、犬や猫の方がより高音(高周波数)の音まで聞き取ることができます。

実は、犬笛というのは可聴音の違いという性質を利用したもので、発せられる音の高さが16000Hzから22000Hzの超高音なのです。

20000Hz以上の音は普通の人間には聞き取れませんが、可聴域のより高い犬や猫には聞き取れるということです。

これを利用して、人間には聞こえない、つまり邪魔にならない音で犬や猫の訓練を行っているということです。

ちなみに、可聴域の最も高い動物は夜行性の蛾と言われており、240000Hzの超音波まで聞き取ることができるそうです。

夜行性の動物は光のない暗闇のなかで、超音波を利用してあたりの様子を探るという能力が備わっており、このように超音波を感知するように進化したと言われています。


スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ